切所

BLOG

どうも、星眼鏡店店主です。

伊東潤著『峠越え』読了。

氏の存在を知ったのは、そんなに昔のことではありません。
数年前の大河で北条氏がフューチャーされた時に、北条氏を得意にしている作家がいると紹介されていたのが知るきっかけでした。

試しに読んだ『黎明に起つ』が予想以上に面白かった。
梟雄という既存の北条早雲像を完全に打ち砕かれました。
子供の頃に習った早雲=成り上がり像は、過去のものだそうです。
最近の研究では、出自を示す資料が出てきていたりして、氏の描く早雲像が近いのだそうです。

さて、本編ですが主人公は徳川家康。
タイトル通り峠越えがクライマックス。
所謂、本能寺の変後の伊賀越えです。
家康は凡庸な男として描かれています。
才ある人物に振り回されて、右往左往して悩みながらも目の前にある難題(峠)を一歩ずつ進んでいく様が展開されていきます。
今回の家康が非凡なところは、己の凡庸を誰よりも、己が知っているというところ。

凡庸であるが故に、才人の隙をつくことができる。多くは語りませんが、後半に出てくる場面が、読者に一種のカタルシスを与えてくれます。

敵を知り、己を知ることが最大の能力。
客観視が自然とできる人物として描かれています。

個人的には、随所に挿入される、切所(せっしょ)という言葉が、やたらと心に引っ掛かりました。
正念場や勝負所といった意味だそうです。

「切所を見誤るな」といわれているようです。
肝に銘じておきます。